看護教員としてナースの卵を育てましょう!

看護師バイト → 看護師転職―看護教員として働きたい

看護師転職―看護教員として働きたい

看護師の資格と経験によっては看護学校の教員として働くことも可能です。給与は、国公立・私立・法人など、どのような運営によるかで変わってきますが、たとえば、公立高校の看護科や高等看護学校、大学の場合なら公務員に準ずる扱い及び待遇になります。

最終学歴が短大・大学・大学院卒業か専門学校卒業かによって基本給が変わるうえ各地方自治体によっても給与に違いがあるので、それぞれの地方自治体のホームページで公開されている地方公務員給与俸給表を参考にするとよいでしょう。

私立高校の看護科や私立の大学では、学歴だけで給与が決まるわけではなく、個々の経歴が大きく反映されるようです。公務員とは違い俸給表として公開されているわけではないので、就職時にきちんと確認しておかなければなりません。

看護専門学校では運営元の病院など規定に基づいて決定されているようです。たとえば看護科主任は病院の看護師長と同等、などの取り決めがあったりします。

人事異動により付属病院の看護師と看護教員が交代したりするため、キャリアが途切れないようにという配慮がなされているのかもしれません。看護師であれば夜勤手当や時間外手当があるのでそれなりの給与になりますが、それに比べると基本的には給与は低いということになるでしょう。

休日の面はどうでしょう。「看護師としての勤務に比べると給与が低い」という点では少しがっかりするかもしれませんが、休日がしっかり確保されているのは魅力です。

年に何度か、たとえば学園祭やオープンキャンパスなどといった休日出勤の可能性もありますが、就業規則のうえで週休2日と規定されていれば、だいたい毎週土日は休日ということになりますね。

また土日だけでなく祝日やお正月、ゴールデンウィークなどカレンダー通りかそれ以上に休みになりますし、学校によっては夏休み・冬休み・春休み中には学生不在なので長期間の有給休暇を取ることも可能です。

ただ、教員の数が最小限度で構成されている場合などは育児中だったり介護すべき家族がいると、急な休みは取りづらいかもしれません。給与や休日といったことだけでなく、自分の環境が許すか否かも考えたうえで看護教員という仕事を選択する時期を考える必要がありますね。