転職先でお悩みの方はぜひ参考にしてくださいね!

看護師バイト → 看護師転職―人気の職場は公立病院?民間病院?それともクリニック?

看護師転職―人気の職場は公立病院?民間病院?それともクリニック?

転職経験がある人の職業で多いのは、看護師といわれており、世の中の求人、ハローワークでも求人誌でも求人サイトでも、看護師の求人が掲載されていないことはありません。毎日、毎週求人情報誌では、本当に数多くの病院や施設あるいは企業で看護師の求人が載っていますね。

山のようにある看護師の求人ではありますが、応募者が殺到するほど人気のある職場が存在する一方で全然人の集まらない職場があるのです。

では、人気の職場とそうでない職場とは、どのような基準で生まれるのでしょうか?一つの基準は、看護師の性別や年齢、あるいは私生活を取り巻く状況です。

特に看護師の職場環境は圧倒的に女性社会という部分があるので、転職希望の男性看護師は病院の救急救命科や精神科といった少しでも男性の多い職場に集まる傾向があります。逆にいえば、診療所や個人医院のように男性がほとんどいない職場は敬遠するということです。

看護師業界が女性中心の職場だということをいくらわかっていても、自分以外の看護師がすべて女性という職場環境は男性にとっては厳しいといえるのかもしれませんね。

では女性看護師の場合はどうなのでしょう。女性には結婚の後出産や育児、その後も介護といったことが考えられます。そのようなライフサイクルの中で経験を積んでいく人も、みなさんのまわりに数多くいるでしょう。

看護師の第一歩を踏み出す新卒の看護師の場合、人気が高いのはごく一般的な総合病院です。なぜなら、新人看護師は、まず身につけなければならない一般的な看護技術や医療行為を臨床の場で学びたいと考えるため、診療科が多いうえ教育プログラムが整備されている総合病院を選ぶ傾向にあるからです。

きちんとした教育プログラムが整っていない病院や個人医院は人気がなく、また精神科や眼科、皮膚科などの診療科も新人看護師には不人気のようです。

看護師としての経験が3年とか5年になるにつれ、三交代などの変則勤務が体力的に辛くなってきたり、昼夜逆転の生活でプライベートが充実しないと感じる、あるいは年齢的にも結婚する看護師が増えてくると夜勤のない個人医院や診療所の人気が高くなります。

個人医院や診療所は夜勤がほとんどないうえ、週休2日もしくは土曜日は半日勤務して日曜日は休みという場合が多く残業も少ないというのも人気の理由にあげられます。

経験年数が5年とか10年になると更なるキャリアや収入のアップを求める看護師や安定に重きを置く人が増えるようです。高い給与が望める有料の老人施設はその代表的な職場といえますし、若くても役職に就くことができキャリアアップを図れる民間の病院も人気です。

子育て世代の看護師に人気なのは、国立や公立の病院や施設といった景気に左右されない職場や、家庭を第一に考えられる勤務が可能な病院や施設です。 看護師としてどのような職場で働くか決めるポイントは、自分が生きるうえで何を大切にするかということではないでしょうか?そのうえで自分に合った職場を探しましょう!