円満退職で、気持ち良く新しいスタートを切ろう!

看護師バイト → 円満な退職には最低1ヵ月の猶予を!―看護師

円満な退職には最低1ヵ月の猶予を!―看護師

転職活動が順調に進み、あとは現在の職場を退職して新しい職場に行くだけとなったとき、もしくはとりあえず現在の職場を辞めたいとき、どのように話を進めていけば円満に退職できるでしょう。

退職の手順で、間違ってはいけないのがまず誰に一番先に報告するかです。看護師の場合、同僚や看護部長ではなく、直属の上司に伝えることが大切です。直属の上司を飛び越えて看護部長に話したり、同僚や先輩に話してしまいそこから漏れ伝わってしまうのはマナー違反だからです。

退職の意思は法律的には14日前までに伝えればいいということですが、仕事の引継ぎや人員を手当てする必要がある場合を考えて、できるだけ早めのほうがいいといえます。

退職の決意が固いのであれば気持ちが揺らぐことはないかと思いますが、もし迷う部分があるのなら気持ちをはっきりさせてから報告しないと後悔することになりかねません。

職場によっては退職の申し出から実際に退職するまでに2~3ヶ月を要するところもあるので、特に転職先が決まっている場合は注意が必要です。また、看護師という職業は人手の不足から、退職を申し出た際給与アップや働く環境の改善、部署の移動など条件を提示されて引き止められることも多いようです。

そのためにも、ぐらつかない強い気持ちを持って進まなければならないでしょう。 直属の上司に報告後、退職の許可をもらったら相談のうえ退職日を決めることになりますが、こちらの都合ばかりを主張するのではなく、職場の事情も考慮したうえで合意をはかるのが賢明といえます。

引継ぎや人員の手当て、就業規定などを念頭におかなければならないとはいえ、すでに転職先が決定済みの場合には希望日を明確に伝えることも必要です。

退職日が決定したら、退職届を作って上司に提出したり、引継ぎデータをまとめる、仕事のマニュアルを作成するなど、後任者が困らないよう引き継ぐことをおすすめします。

ロッカーやデスクなどの貸与があれば退職日の2日前には整理を終え、社会保険や年金、源泉徴収票などの事務手続きを確認しておきましょう。

最後に、これまで一緒に働いてきた人やお世話になった人への挨拶をし、職員証やID、ユニフォームなどを返却して今後必要な書類を発行してもらったら、退職ということになります。