准看護師の資格をとるには?

看護師バイト → 准看護師について(資格取得の詳細)

准看護師について(資格取得の詳細)

1951年、戦後の深刻な看護師不足を改善する方策として、准看護婦制度が制定されました。約50年後の2002年、呼称が「准看護婦」から「准看護師」に変更されましたが、都道府県知事資格として60年以上の歴史ある資格として存続しています。

准看護師として仕事をするためには、前述の通り、管轄内の都道府県知事から交付される資格を取得する必要があります。

資格取得には、自身が在籍する都道府県で行われる准看護師試験をパスしなければなりません。試験は各都道府県において、1年に1回、指定された会場にて実施されます。試験時期は殆どが年度末の2月から3月にかけて実施されます。

准看護師の試験を受けるには「受験資格」を満たしている必要があります。受験資格は、文科相、都道府県知事指定の学校で、准看護師に必要な教育及び実習を履修の上、卒業していることです。

その他にも、日本以外で看護教育を受けた方、日本以外の国の看護師免許を持ち、厚労相制定の規準に基づき、管轄内の都道府県知事が准看護師として従事するに足ると認定した方にも資格が与えられることがあります。

試験期間は1日で、6割以上の正解が合格基準といわれています。合格率は9割を上回り、非常に高いものになっています。

高校卒業後、准看護師養成学校で2年の教育を履修するか、中学を卒業後、高校の衛生看護科を履修・卒業して受験する場合もあるので、最年少では18歳で准看護師として職務に就くことになります。

准看護師の資格は、特に更新の必要はないため、法を犯すような行為をしない限り生涯有効になります。また男女の区別無く平等に資格取得できます。

現時点では、准看護師の9割は女性ですが、男性に適性がある作業等も増えているため、男性准看護師も年々少しずつ増加傾向にあります。

医師や看護師に指示された業務を行うのが准看護師の仕事ですが、養成期間が看護師よりも短いため、医療現場に少しでも早く出て働きたいという方が取得されることが多いようです。